製造業DXは今後どのような影響を与えるのか?

Business
2022.12.01 | Motto AR編集部

近年におけるIT技術の発展によって多くの分野でDXが進んでいます。製造業もそのなかの1つであり、製造業でのさまざまなシーンでDXが活用されています。

本記事では、製造業におけるDXの必要性をはじめ、実際の事例や抱える課題について詳しく解説します。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

近年におけるIT技術の発展によって多くの分野でDXが進んでいます。製造業もそのなかの1つであり、製造業でのさまざまなシーンでDXが活用されています。

本記事では、製造業におけるDXの必要性をはじめ、実際の事例や抱える課題について詳しく解説します。

製造業におけるDXとは?

そもそもDXとは、「デジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation)」の略であり、直訳すると“デジタル革命”となります。

DXはAIをはじめとしたIT技術を活用してデジタル化を行うことで、業務効率の向上や人件費などのコスト削減にもつながります。

とくに製造業では未だアナログな管理方法や作業が多く、業務の効率化ができていないケースが多くあります。そのため、DX化が広まることで多くの企業への貢献が可能です。

製造業におけるDXの必要性

製造業ではさまざまな点からDXが必要とされており、その主な理由は以下の点があげられます。

アナログな作業・データ管理が多い

製造業では多くの作業が未だ人の手によって行われています。また、紙ベースでの管理や情報共有が多くされており、業務の中でアナログとされている点が多くあります。

それによってモノやデータの管理ができていなかったり、社内での情報共有が上手くできていなかったりとさまざまな問題が発生するケースもあるのです。

そのため、DXによってデータ上での情報共有や保管を行い、社内での伝達もスムーズにする必要があります。

人的問題

製造業では人手不足のほかに、属人性の高さによる生産性の差や、人件コストの削減などさまざまな問題が注目されています

見えない問題点が多い

製造業の多くはライン作業のように一定の流れに沿って業務を行います。そのため、今まで当たり前のように行っていた作業の手順や方法でも、目に見えなかった問題点や無駄な工程なども少なくありません

特に納期や製品の大量生産が必要とされる工場では、より作業の生産性を高める必要があるのです。 

製造業DXは今後どのような影響を与えるのか?

さまざまな分野で活躍するDXですが、製造業にも大きな影響を与えると想定されています。製造業におけるDXが与える主な影響は以下の3つがあげられます。

人の代わりに作業ができる

先述したように、製造業ではほとんどの業務が人の手によって行われており、多くの人員が必要となります。しかし、製造業は業界全体的に人員不足が問題とされており、人手が足りている工場はそう多くありません。

特に若い世代の従業員が足りていないことで、将来の人員不足の拡大が懸念されているのです。しかし、DX化によってAIやIT技術を駆使して作業が可能になることで、懸念されている人員不足の解消にもつながります

業務の効率化による生産性・精度の向上

製造業ではほとんどの業務が従業員の手作業で行われており、中には“職人”と呼ばれる高い技術を持った従業員がいます。しかし、従業員同士で能力の差があることによって生産性のバラつきが生じてしまったり、製品の完成度に差が生じてしまったりします。

その点、DX化によってどの時間帯でも同じレベルの生産性・完成度の維持が可能となり、作業全体の安定性が向上するのです。

コスト削減

DXによってできる主なコスト削減は「人件費のコスト」と「設備のコスト」です。

従業員が手動で作業を行う際には、その分の人件費が必要となります。しかし、DXによって作業を自動化することで必要以上の人件費が不要になり、人件費の削減につながります

また、従来では機械に何かしらの不具合や故障が発見してから設備メンテナンスを実行しており、多額の資金が必要となるケースがありました。しかし、DXによって機械が不具合を起こす前に問題を察知し、事前に防止することで必要以上のメンテナンス費の削減が可能となるのです。

製造業が抱える課題と取り組むべきアクションと押さえるべきポイント

製造業ではDXによって改善すべき課題が多くありますが、その上でも事前におさえておくべきポイントがいくつかありますので詳しくご紹介していきます。

業務環境のオンライン化

製造業の業務環境におけるDXの中には、労働環境を整えるための取り組みがあります。

たとえば、作業をしている従業員の作業効率を上げることを目的とし、AIの判断を基準にして室内の空調を自動で一定の温度を保つようなシステムも導入されているのです。

業務プロセスのデジタル化

近年、製造業のDXで注目されているのが業務の「自動化」と「見える化」です。

自動化は、主に従業員による製造ラインからロボットの製造ラインに移行することで業務の効率や制度の向上につなげます。

見える化では、ラインごとの作業・工程などのデータを収集し、目視では見えてこない改善点が浮き彫りになり、業務全体の効率化や生産性の向上が可能となるのです。

従業員の安全のデジタル化

先述したように、従来では機械に何かしらの不具合や故障が起きてからメンテナンスを実施していました。しかし、問題が起こってからの対処では従業員に何かしらの被害が出ることが考えられます。

そのため、DXによって不具合や故障が起こる前に察知して対処することで、生産性を維持できるだけでなく従業員の安全も守ることができるのです。

顧客接点のデジタル化

近年、商品のプロモーションの際に「XR」が活用されるケースが増えてきています。

XRとは「X Reality」のことであり、“エクステンデット・リアリティ”や“クロス・リアリティ”などと呼ばれています。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、MR(複合現実)などのように現実世界と仮想世界を融合した世界を体験させる技術を指します。

一般消費者向けのサービスでは、自動車や家具、不動産物件など顧客が商品を購入する前の下見や購入後のイメージを持たせるために活用されています。

たとえばAR技術で見るとスマートグラスが重要な役割を果たしています。メガネ型のボディにさまざまな機能を搭載したウェアラブル端末になります。

メーカーではGoogle、RealWear(リアルウェア), Vuzix(ビュージックス), EPSONなどが開発を行っています。生産管理や検査・修理・マルチタスク化に寄与しますが、スマートグラスも日々進化しています。

では製造業ではどのように活用されているか見ていきましょう。

具体的にはスマートグラスで保守点検を行い、デジタル上のマニュアルをスマートグラスで確認しながらハンズフリーで情報確認を行うことで生産性の向上を図っています。

また、遠隔でサポートを行うことができるのも便利な機能です。

製造業がDXを導入する際の注意点とは

DXの導入によって製造業が抱えているさまざまな課題解決が可能となりますが、そのうえで注意点として以下の2つがあげられます。

導入に多額の資金が必要

DXの導入によって企業内のさまざまな課題解決が可能となるため、メリットとなるでしょう。しかし、導入に際するには多額の資金が必要となるため、気軽には導入に踏み込めないのも実情です。

導入する目的を明確にする

先述したように、DXはさまざまな課題解決が可能となりますが、なかにはDXを導入しても特に成果を出せなかった企業も存在します。

そのため、そもそもなぜDXの導入が必要なのか、どのような成果を求めているのかなど、DXを導入する目的と着地となる成果を明確にしたうえで導入を検討する必要があるでしょう。 

まとめ

今回は製造業界のDXに焦点をあてて解説してきました。DXの導入(デジタル技術活用)によって製造業界が抱えているさまざまな課題や問題を解決できる事になります。

しかし、そのためには事前におさえておくべきポイントやDX導入のメリットをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

AR事例動画:人材不足と技術継承の問題を解決

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

Motto AR編集部

このライターの記事をもっと読む

  • twitter
  • facebook
  • LINE