放射線治療室をバーチャル空間上に再現し、患者の心理的負荷を減らすプロジェクトが始動

2022.07.06

  • twitter
  • facebook
  • LINE

ダッソーシステムズは、フランスの医療機関と共同でVORTHExプロジェクトを立ち上げた。放射線治療室の室内や設備、治療の流れを没入型バーチャルツインで再現し、患者の心理的負担を減らす。患者は事前に治療の内容や流れを把握できるようになる。

VORTHExプロジェクトとは

VORTHExプロジェクトは、ダッソーシステムズと次のフランス医療機関が共同したプロジェクトだ。

  • H. HARTMANN Institute(フランス初の民間放射線医療機関センター)
  • Rafaël Institute(フランスの総合医療を担う専門機関)

放射線治療室全体をバーチャル空間で再現。放射線治療を行う患者は、治療の本番にならないと実際の流れや治療室の確認ができないことから、治療を受けるまでの精神的負担が大きいという問題があった。VORTHExプロジェクトにより、放射線治療の流れを疑似体験できるようになることから、治療前でも患者の精神的負担の軽減につながる。

バーチャルツインによるリアルな空間を実現

VORTHExプロジェクトでは、放射線治療に利用される(H. HARTMANN Instituteに新設された)治療室をバーチャルツインとして再現している。仮想空間と現実空間を閉ループでつなぐことから、患者はリアルな疑似体験が可能だ。また治療室の内部だけではなく、3Dシミュレーションを用いて、サイバーナイフ・ロボットのアーム、治療を受ける患者の姿勢、治療の手順など、細部まで正確に再現を行った。バーチャル体験でも、H. HARTMANN Instituteの医師が監督となり最初から最後まで患者に付き添う。

プロジェクトの背景

今回VORTHExプロジェクトが発足されたのには、フランス国内でのがん発症件数が大きく影響している。フランスでは年間40万件のがん症例があり、その60%が放射線治療を必要とする患者だ。病気で衰弱した患者にとって、その後の放射線治療は体力だけでなく精神的な負担も大きい。また、治療過程での処置や医学的な説明などは患者の精神的負荷をさらに大きくしてしまう。そういった負担を軽減するために、治療前に患者が疑似体験を行い、放射線治療に慣れ親しんでもらうことを目的としている。

H. HARTMANN Instituteは今回のプロジェクトについて、放射線治療と先進治療を掛け合わせて患者のニーズに合わせた個別ケアにアプローチしたいという思いからRafaël Instituteと提携したと発表している。また、3DEXCITEアプリケーションを手掛けるダッソーシステムズの技術提供が、高い精度のバーチャルツイン再現につながったという。

VORTHExプロジェクトを体験した患者の声を紹介

VORTHExプロジェクトを実際に体験した患者の声は次の通り。

  • 「このバーチャル治療体験は、実際の現場を緻密に再現している上に、非常に興味深く、私たちの治療計画に役立っています。医師の方々は放射線治療について説明してくださいますが、聞き洩らしてしまうことも多いのです。しかし、このバーチャル体験で説明が視覚化されることで、すべてを理解できます。『百聞は一見に如かず』とは、まさにこのことです。これから何が起こるか分からないでいるより、知っているに越したことはありません」
    患者 クリスチャン. Eさんの体験談 
  • 「これは本当に驚くべき体験です。バーチャル空間に潜り込むことができ、そこは理想的かつ快適なだけでなく、分かり易く正確で、素晴らしい出来栄えでした。治療に臨む上で、安心感を得られることは私にとっては大事なことです。この体験を通して、自分たちが何を乗り越えていくのか理解することができます」
    患者 マーク. Nさんの体験談 
  • 「放射線治療が心配だったのですが、この体験のおかげで客観的にとらえることができ、心の準備をして、安心感を得ることができました。このバーチャル治療は、さらに詳しい情報を提供するだけでなく、想定外の疑問にも対応し、普段の診察を補完する役割を果たします」
    患者 アラン. Aさんの体験談

株式会社ダッソーシステムズについて

  • フランスの複合企業団体「グループダッソー」に属するソフトウェア企業
  • 持続可能なイノベーションの実現に向けて、企業や個人が利用する3Dのバーチャル コラボレーション環境の提供を行う
  • HP:https://www.3ds.com/ja/

H. HARTMANN Instituteについて

  • フランス初の民間放射線治療センターであり、ヨーロッパを代表する医療機関の1つ
  • 人道的に最適化かつ優れたケアの実現を目指し、最新の6つの放射線治療システムを完備した環境で患者の治療を行う

Rafaël Instituteについて

  • 放射線治療士およびがん専門医であるAlain Toledano博士によって、2019年に設立された統合医療施設
  • 放射線治療と放射線外科を専門に行うH. HARTMANN Instituteの隣に隣接されており、がん患者やその家族に個別のケアを行う

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE