クラスター、7周年を迎えバーチャル経済圏の確立に向けたさらなる成長を目指す

2022.07.11

  • twitter
  • facebook
  • LINE

クラスター株式会社は、2022年7月7日で創業7周年を迎えた。同社の提供するメタバースプラットフォーム「cluster」は100万ダウンロードを突破し、今年ローンチするUGCサービスの実装に向けて更にユーザー拡充を達成。今後は、バーチャル経済圏の確立に向けてさらなる成長を目指していく。

clusterの実績

メタバースプラットフォーム「cluster」の実績は次の通り。

  • Thank you 100万DL
    リリースから約2年で100万ダウンロードを達成。
  • アバター展示即売会の売上が第1回開催から6倍を記録
    2022年春の実績は昨年の第1回の開催から、およそ6倍の販売数を記録。「バーチャル空間での買い物」の文化が急速に浸透しているのを実感する結果となった
© Cluster, Inc. All Rights Reserved.
© Cluster, Inc. All Rights Reserved.
  • 合計4400を超えるユーザーワールドのオリジナルが誕生
    誰もが気軽にクリエイターになれることを目指し2月にローンチした「ワールドクラフト機能」をリリース後、5ヶ月で34,000ものワールド(バーチャル空間)が誕生。Unityなどを使用したワールドも10,000を超えており、合計で44,000を超えるユーザーオリジナルのワールドが生まれた。
© Cluster, Inc. All Rights Reserved.
  • オリジナルのワールド制作に使った時間は6万時間超え
    「cluster」ユーザーが「ワールドクラフト」を用いてオリジナルのワールド制作に使った時間は6万時間を超えた。プログラミングの知識がなくても、自分だけの空間を作りたいというユーザーは日々増加している。(7/5時点でユーザーのワールドクラフト累計利用時間は63584.78時間)

今後について

クラスター株式会社は、今後について次のようなビジョンを掲げている。

  • cluster内にUGC機能を実装し、さらなるユーザー増加を見込む
  • 帰宅してから、家に居るときの余暇時間など、ごく自然に「cluster」を立ち上げ、ワールドを回遊したりフレンドとコミュニケーションをとるなど、「バーチャル空間で過ごす」が日常に組み込まれているユーザー増加させる
  • 法人イベントだけではなく、ユーザーの手で作り上げていく、バーチャル経済圏の確立に向けて更なる成長を目指す

クラスター株式会社について

  • 誰もがバーチャル上で音楽ライブ、カンファレンスなどのイベントに参加したり、友達と常設ワールドやゲームで遊ぶことのできるメタバースプラットフォームを展開
  • スマホやPC、VRといった好きなデバイスから数万人が同時に接続することができ、これにより大規模イベントの開催や人気IPコンテンツの常設化を可能にした
  • 渋谷区公認の「バーチャル渋谷」、ポケモンのバーチャル遊園地「ポケモンバーチャルフェスト」の制作運営など、メタバースを実現し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供し続ける
  • HP:https://corp.cluster.mu/

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE