新杵堂、Web3.0メタバース・NFT仮想空間上でのEC事業参入を決定

2022.08.02

  • twitter
  • facebook
  • LINE

岐阜県中津川市の老舗である新杵堂は、Web3.0メタバース・NFT仮想空間上でのEC事業参入を決定させた。Web3.0メタバース・NFTで世界中の人に『お菓子で人々を幸せにする』を発信する。

株式会社新杵堂について

新杵堂は、昭和23年(1948年)に創業された栗菓子・創作スイーツを中心とした製造販売および関連事業を行う老舗企業だ。新杵堂を代表するお菓子『栗きんとん』は、創業からかわらない、栗と砂糖のみという極めてシンプルな材料で作る、素朴で自然のままの味わいといった特徴がある。

  • 本社:〒509-9131 岐阜県中津川市千旦林1-15 新杵堂本社
  • EC販売サイト『新杵堂オンラインショップ』https://shop.shinkinedo.com/
  • グループ会社
    (1) Sweets International Limited.inc株式会社(日本法人)
    (2) Shinkinedo Canada Co.Ltd(カナダ現地法人)EC販売サイト『SHINKINEDO CANADA』https://www.shinkinedo.ca/『Xinchutang (シンチュータン)』https://www.xinchutang.com/
    (3) Shinkinedo Korea Co.Ltd(コリア現地法人)
    (4) 北海道十勝の食財有限責任事業組合(新杵堂十勝農園)

Web3.0メタバース・NFT仮想空間上でのEC事業参入

すでに、グループ会社である新杵堂カナダと新杵堂本社にてNFT事業を開始している。今後はさらにメタバース仮想空間上に新杵堂SHOPをグランドオープンさせ、仮想空間とリアルにて新杵堂スイーツをいろんなバリエーションにて楽しんでもらえるようにしていく方針だ。今後のEC戦略 新杵堂グループ主販売事業でもありEC事業は国内そして中国圏・韓国・カナダ・アメリカそしてASEAN各国の13カ国で展開しており、メタバース仮想空間でのEC展開参入できることで販売領域は世界へと広がっていくとされている。

AR事例動画:人材不足と技術継承の問題を解決

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE