Gloture、リアルな3D体験を実現するARグラス「GXR-Matrix」をガジェットストア「MODERN g」で販売開始

2022.09.02

  • twitter
  • facebook
  • LINE

株式会社Glotureは、リアルな3D体験を実現するARグラス「GXR-Matrix」を自社のECサイト「MODERN g」にて2022年9月1日より販売開始した。大迫力200インチ巨大ARディスプレイに、90°視野角(FOV)を備えて、現実世界を自然に融合する。

「GXR-Matrix」とは

「GXR-Matrix」とは、株式会社Glotureが2022年9月1日より販売開始したリアルな3D体験を実現するARグラスだ。主に次のような特徴がある。

  • ワイヤレス接続やさまざまなアプリに対応
    ワイヤレス接続に対応し、お気に入りのコンテンツをスマホから直接送ってAR体験を実現できる。Android、iPad、iPhone、MACおよびPCをサポートしているほか、Youtube、Netflix、TikTok、Facebookなどの主要なエンターテイメント・SNSアプリも全てサポートしている。
  • 主要な会議ソフトもサポートしているため、在宅勤務に最適
    Zoom、Skype、Messengerなどの主要な会議ソフトもサポートしている。更に、RGBカメラを使うと、作業現場の状況を他の人に表示したり、リモートアシスタンスやライブセッションでの利用も可能だ。
  • フィットネスアプリPeloton、Keepに対応
    フィットネスアプリPeloton、Keepにも対応おり、どんなポーズをとっていても、200インチの大画面を通じてトレーナーのガイダンスに従うことができる。ダンスやヨガ、あらゆる動きをより実践的に学ぶことが可能。
  • 3Dデータの確認
    STLファイルなどの3D図面を取り込むことができる。3D図を選択したり、ドラッグしたり、回転したりして、3Dデータを確認することが可能だ。高価な試作製作工程の前に、リアルな模型でディテールを確認できるため、設計コストの低減にも活用できる。
  • メガネをかけたまま装着可能
    GXR-Matrixはメガネに干渉しない優れた設計となっており、 メガネをかけたままGXR-Matrixを装着可能だ。目が悪い方でも快適に利用できる。また、後ろにバッテリーを搭載しているため、前後のバランスが取れており、重量比がほぼ1対1だ。着脱が簡単で、長時間着用していても疲れにくい利点がある。

製品概要

  • 視野:90°(3DMRで、200相当)
  • 解像度:4K(片目:1920*1080)
  • CPU:Qualcomm XR1
  • レンズ:通常の透過率
  • RAM/ROM:4GB/64GB
  • バッテリー:5300mAhリチウム
  • OS:Android8.1
  • カメラ:13M
  • トラッキング:3DOF
  • BTハンドル:3DOF
  • 送信モード:WI-FI、BT(サポート BT5.1)
  • 外部:6DOF+SLAM
    ※GXR-Matrix、説明書、オーディションシート、充電ケーブル、遮光シート、bluetoothコントローラーが入っています。遮光シートはあらかじめメガネに装着されており、レンズはデフォルトで通常の光透過レンズとなっています。
  • 販売価格:¥159,786(税込)
  • 保証内容:購入日より本体1年間のメーカー保証が付帯、保証内容は初期不良・自然故障の場合。
  • 販売ECサイト:https://modern-g.com/products/gxr-matrix

株式会社Glotureについて

AR事例動画:グローバル事例にみるAR活用の今

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE