工事現場での安全教育をVRにて体験教育する「LookCa」新作コンテンツのレンタルを全国61ヶ所の事業所にて開始

2022.09.02

  • twitter
  • facebook
  • LINE

安全保安用品販売レンタルの株式会社仙台銘板は、工事現場での安全教育をVRにて体験教育する「LookCa」新作コンテンツのレンタルを全国61ヶ所の事業所にて2022年9月1日(木)から開始した。工事現場で起こりえる労働災害の防止を目的として作成されており、工事現場の安全教育に役立てられる。

VR事故体験安全教育「LookCa」とは

VR事故体験安全教育「LookCa」では、短時間での事故の被災者としてVRで事故を体験可能。体験後、なぜ事故が起きたのか検証、再発防止策を教育する。商品の構成はヘッドマウントディスプレイとヘッドホンのみで、インターネット接続やPC接続は不要だ。現場でもどこでも手軽に持ち運びでき、簡単操作で体験できる。

新作コンテンツについて

「LookCa」ではこの度、以下6つの新作コンテンツが緊急リリースされた。

  1. 高所作業者の横転・挟まれ災害
  2. 開口部転落災害
  3. AED取扱い方法・熱中症
  4. 溶断災害
  5. 工事規制帯への衝突
  6. クレーン横転

VRにより、なぜ事故が起きたのか、実際の被災者の視点はどうだったのか、また重機等の事故の場合には運転者の視点はどのようなものであったのかをリアルに体感でき、工事現場の安全教育に役立てられる。

株式会社仙台銘板について

  • 社名:株式会社 仙台銘板
  • 本社所在地:宮城県仙台市宮城野区中野5-8-5
  • 代表取締役:鹿又 浩行
  • 設立:1969年6月
  • 事業内容:安全保安用品の販売・レンタル
  • HP:https://www.s-meiban.com/
AR事例動画:グローバル事例にみるAR活用の今

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE