全国初、商工会議所による独自のメタバース展示会が10月3日より開催決定

2022.09.20

  • twitter
  • facebook
  • LINE

​犬山商工会議所と「WEB3×地方創生」を推進する合同会社未来創世塾は、犬山市産業振興祭メタバース展示会を10月3日(月)~10月9日(日)の期間に開催する。これまで、東京や大阪など都心部の商工会議所がメタバースのセミナーを行うことはあったが、実際に、メタバース上での展示会を商工会議所が独自で開催するのは、全国初の事例だ。(合同会社未来創世塾調べ)

メタバース展示会開催の背景

今、地方の中小企業は、2年以上続く新型コロナウイルスの影響や、物価上昇に加え、円安と、非常に苦しい状況が続いている。そんな中で、犬山商工会議所は、新しい取引先の開拓の可能性として、メタバース上での展示会の開催を決定した。

メタバース空間に展示会場を設置することのメリットとして、短期でなく中長期での常設展示が可能なことや、各ブースの設営コストがかからない他、移動面でもコストの圧縮を図ることができる。また、従来のホームページ閲覧型のオンライン展示会や、ZOOMでの商談会とは違い、参加者が、アバターを使って、自分で、バーチャル空間を回遊し、偶発的に商品・サービスの発掘をできることが特徴である。

AR事例動画:人材不足と技術継承の問題を解決

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE