嬉野市の魅力ある地域資源の体験・交流ができるバーチャル空間「デジタルモール嬉野」が開設

2022.09.26

  • twitter
  • facebook
  • LINE

大日本印刷株式会社は、佐賀県嬉野市、日本工営株式会社、株式会社ケー・シー・エスと連携して、生活者が自身の分身となるアバターを通じて、いつでも嬉野市の魅力ある地域資源の体験・交流ができるバーチャル空間「デジタルモール嬉野」を構築し、9月22日(木)午後5時にオープンした。

デジタルモール嬉野について

嬉野市は、9月23日の西九州新幹線開業に合わせた嬉野温泉駅と周辺の交流拠点の新設を契機として、内閣府の「未来技術社会実装事業」を活用し、新たな観光まちづくりを目指したプロジェクトを進めている。本プロジェクトの中核の一つが、メタバース「デジタルモール嬉野」だ。「旅行前(旅マエ)」「旅行中(旅ナカ」「旅行後(旅アト)」の楽しみについて国内外へ発信し、メタバースを通じた観光体験を提供することで、嬉野市の交流人口の拡大や観光まちづくり、地域創生の実現を支援する。
「デジタルモール嬉野」のURL : https://virtual-ureshino-web.com 

嬉野温泉駅を忠実に再現した「デジタルモール嬉野」
設置されたビジョンから観光情報を発信
通常では見られない景色も体験できる「デジタルモール嬉野」

デジタルモール嬉野の特長

デジタルモール姫野には、次のような特長がある。

  • 嬉野市のさまざまな魅力を体験
    「デジタルモール嬉野」は、新幹線の嬉野温泉駅と、同時開業する嬉野観光交流センター等の建築データに基づいて高精細に表現したメタバースで、アバターを使って自由に散策ができる。嬉野市に関する観光情報の収集や出展する店舗での名産品の購入、360度カメラで撮影された実写の観光地などの空間を、アバターで訪問・体験可能だ。また、生活者はメタバース内に複数設置されているコインを入手し、そのコイン数に応じてカプセルトイを利用できる。カプセルトイからは、リアルの店舗で利用できる特典が得られるなど、多くの人が楽しめる仕組みを提供。
画像は瀬頭酒造の様子。ほかにも茶畑、旅館ロビーなど360度カメラで撮影された観光地をアバターで体験できる
  • 参加者同士がいつでも交流できる
    「デジタルモール嬉野」では、同じ空間に30名まで、同時接続で200名以上が参加できる。また、同じ空間内の利用者同士でチャットによる会話を楽しむことが可能だ。専門機器ではなく、PCやスマートフォン等の情報端末のブラウザで世界中どこからでもアクセスして利用できる。
  • メタバースでオンラインイベントやライブコマースを開催
    嬉野市内の複数拠点をリアルなスタジオとして利用し、地域のコンテンツを活かしたオンライン配信やライブコマース(商談・販売会)を「デジタルモール嬉野」で行う。生活者は「デジタルモール嬉野」で開催される各種イベントを楽しむことができ、「旅マエ」だけでなく、嬉野市から戻った「旅アト」でもイベントを通じて、嬉野市とのつながりを構築することができる。

開発の背景

嬉野市は「嬉野温泉」や「うれしの茶」などの多彩な特産物や観光資源に恵まれる一方、少子高齢化や交流人口の減少などの課題がある。これらの課題に対して同市は、「未来技術社会実装事業プロジェクト」に参画し、先進技術を活用した解決策の推進に取り組んでいる。
今回、DNPは本プロジェクトにおいて、インターネット上の仮想空間で、アバターを使って参加者同士が交流する「メタバース」の構築などを支援することになった。DNPは2021年から、リアルとバーチャルを融合するXR(Extended Reality)の技術を活用し、自治体や施設管理者公認のメタバースを構築・運用する「地域共創型XRまちづくり」の事業を推進している。DNPは今回、この事業で培った技術・ノウハウでメタバースの構築を支援するほか、動画広告を活用したデジタルプロモーション、バーチャル接客サービスによる「オンライン接客・観光案内」などを展開し、「旅マエ・旅ナカ・旅アト」で、生活者に豊かな体験価値を提供することで、嬉野市の交流人口増につなげていく。

AR事例動画:IoT連携3Dワークフローほか全8社

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE