3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」の変換可能なファイル形式が拡張

2022.09.27

  • twitter
  • facebook
  • LINE

株式会社ホロラボは、ホロラボが開発しSB C&S株式会社が販売する3DCAD/BIM/ 3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」の変換可能なファイル形式を拡張した。今回新たに「Parasolid」、「SketchUp」、「Navisworks」のファイル形式「.x_b」、「.x_t」、「.skp」、「.nwd」 の4つを追加し、「Rhinoceros」のファイル形式「.3dm」をβ版として提供を開始。このアップデートによりmixpaceの対応ファイル形式は19種類となる。

mixpace対応ファイル形式と書き出せるソフトウェア例

mixpace(ミクスペース)とは

mixpaceは、3DCAD/BIM/3DCGデータをAR/MR対応デバイスで確認が可能な3Dモデルに自動変換でき、設計、製造、建設、配置シミュレーション、施工、保守などで活用可能な見える化ソリューションだ。主な特徴は次の通り。

  • 3DCAD/BIM/3DCGデータは製造、建築、土木などの分野によって作成するソフトウェアが異なり、出力されるファイル形式も多岐にわたる
  • 各分野で使用されるファイル形式に対応しており、HoloLens 2およびiPadアプリによって分野を横断した3DモデルのAR/MR表示が可能(例:工場において.rvtファイルで作成された建屋のBIMデータ、.ifcファイルで作成された設備のBIMデータ、.x_tファイルで作成された製造機械の3DCADデータを同時にAR/MR表示するなど)
  • 大量の設備や複雑な機械など、デバイスの描画性能を超えるような超重量級3Dモデルについても、クラウド上でレンダリングしHoloLens 2で表示する「mixpace Remote Rendering(ミクスペースリモートレンダリング)」オプションを併用すると、数千万から1億ポリゴンクラスの3DモデルをAR/MR表示することが可能

mixpace Remote Renderingについて

  • 非常に複雑な3Dモデルをリアルタイムでレンダリングできるようにするマイクロソフトのクラウドサービス「Azure Remote Rendering」と、ホロラボが開発した3DCAD/BIM・3DCGファイルのAR/MRみえる化ソリューション「mixpace」を組み合わせたサービス
  • 「mixpace」との連携により、3D CAD/BIMファイルから「Azure Remote Rendering」までをシームレスに連携でき、HoloLens 2単体では難しかった100万から1億ポリゴンクラスの3Dモデルの表示が可能となった
  • 詳細:https://mixpace.jp/function/#mrr

ファイル形式の拡張

今回「mixpace(ミクスペース)」の変換可能なファイル形式として追加されたものは、次の4つとなっている。

  • 「.x_b」、「.x_t」 
    Siemens Digital Industries Software社が提供する機械系3DCADで多く採用されているソリッドモデリングソフトウェアコンポーネント「Parasolid」のファイル形式
  • 「.skp」 
    Trimble社が提供する、主に建築業界やインテリア業界で幅広く使用されている3次元モデリングソフトウェア「SketchUp」のファイル形式
  • 「.nwd」 
    オートデスク社が提供する、設計、土木エンジニアリング、施工のプロフェッショナルのためのプロジェクトレビューソフトウェア「Navisworks」のファイル形式
  • 「.3dm」(β版)
    Robert McNeel & Associates社が提供する工業デザイン、機械設計、金型設計、試作、製造、建築、宝飾など自由形状の3次元モデリングソフトウェア「Rhinoceros」のファイル形式
.x_b形式の機械の3Dモデルの例
.3dm形式の建築の3Dモデルの例

今回追加されたファイル形式のうち、「.x_b」、「.x_t」、「.skp」、「.3dm」はすべてのプランで変換が可能になる。「.nwd」はstandard+Rのみの対応。なお、mixpaceの全ての機能を30日間お試しできるstarterプランもある。

SB C&S株式会社について 

  • SB C&S株式会社は、ソフトバンクグループの原点であるIT流通ビジネスを受け継ぐとともに、市場環境の変化を迅速にとらえ、新たなビジネスモデルを生み出している
  • 法人向けには、国内最大規模の販売ネットワークを通じ、クラウドやAIを含めた先進のテクノロジーを活用したプロダクト・ソリューションを提供
  • コンシューマ向けには、独自の企画・開発力を生かし、ソフトウエアやモバイルアクセサリーから、IoTプロダクト・サービスへと商品ラインアップを拡充
  • URL:https://cas.softbank.jp/

株式会社ホロラボについて

  • 2017年1月18日(Microsoft社の「HoloLens」の日本での提供開始日)に設立された研究開発型の企業
  • 「Windows Mixed Reality」に代表される最新技術をいち早く使いこなし、より多くの人たちが体験できるよう、調査研究、システム・アプリケーション開発、啓蒙活動を行っている
  • 2017年11月8日にMicrosoft Mixed Realityパートナープログラム認定を取得した
  • URL:https://hololab.co.jp/
AR事例動画:IoT連携3Dワークフローほか全8社

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE