産業向けAMRメーカーFEXA社より、各生産工場の自動化を促進する新たなラインナップが誕生

2022.11.17

  • twitter
  • facebook
  • LINE

産業向けAGV・AMRメーカーのFEXA社より、各業界の生産工場の自動化を促進する新たなラインナップが誕生した。パレット、カゴ車、台車などの搬送がより便利になる。

FEXA社とは

FEXA社では自律走行搬送ロボット(AMR)、自動搬送ロボット(AGV)を始めとした自動化に関するシステム開発、研究、販売をしている産業向けAMRメーカーだ。AMR・AGVの製造だけにとどまらず、各業界の生産工場に対して幅広い知見と経験を持ったメンバーが顧客へ最適な自動化の提案を行っている。
FEXA製品ブランドサイト:https://agv.co.jp/

ラインナップ紹介

FEXA社では、今回新たに次のようなラインナップを追加した。

  • マニュアル運転で走行の安定性を向上
    V1500S-FにLiDAR用のロッドを取り付けることで走行の安定性を大きく向上。またマニュアル運転用のハンドルも追加し、自動処理の合間に手動で処理をしたい場合等に有効。
  • 本体にタブレットを直接搭載
    低床潜込式のAMRにタブレット設置モデルが完成。これまでは操作タブレットは定点設置、またはオペレーターが携帯し操作していたが、本体にタブレットを直接搭載する事で操作性を上げ効率を向上させた。
  • ピッキングモデル
    50kg積載モデルに棚を搭載したピッキングモデルは、小物を搬送するのに便利で倉庫や工場のピッキングに有効だ。
  • ロボットアーム搭載したモデル
    ロボットアーム搭載したモデルがラインナップに加わった。既存設備で運用可能な協働タイプのロボットを搭載する事で生産性を上げ自動化への促進を行う。運用においては安全柵を必要とせずに自由に走行しピッキングを行う事が可能。
  • 外部連携の強化
    外部連携がアップデートされエレベーター連携、シートシャッター連携がより容易に行えるようになった。AMRがそれぞれ電気接点やPLCなどの信号を受け、サーバーへ送ることで完全に自動で走行させる事ができる。その他、既存設備の自動化にも対応ができるようになり在荷検知センサーと組み合わせる事で完全自動運行も可能だ。

丹波貿易について

丹波貿易株式会社はFEXA社の日本総代理店だ。1999年から半導体/プリント基板生産設備、 及び材料の商社として事業を展開。 2011年からIT事業に参入しAR、 VRなどの最新機器の輸入・販売やアプリの開発も行っている。

AR事例動画:人材不足と技術継承の問題を解決

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE