ARとweb3を用いたメタバース「IZUMO ARメタバース」の公式サイトを公開

2023.01.18

  • twitter
  • facebook
  • LINE

GIFT Community Limitedは、ARとweb3を用いた新しい可能性を創造するメタバース「IZUMO ARメタバース」の公式サイト及び公式コミュニティを公開した。

「IZUMO ARメタバース」とは

「IZUMO ARメタバース」とは、世界初(※GIFT Community Limited調査)のARを活用したメタバースだ。「IZUMO ARメタバース」の利用によって、ユーザーはスマートフォンに保存されている画像やウォレット内のNFTを現実の世界にARアートとして設置する事が可能になる。ユーザーが設置したARアートは他のユーザーからも閲覧可能(双方向性)であり、ユーザーが設置したARアートはNFTを通じて売買できるようになる。

ARメタバースによって、すべてのユーザーは著名なARアーティストになれるチャンスを得ることができる。今まで平面のキャンバスの上に描く事が多かったアートはARメタバースの登場により、三次元の現実世界の中で自由に作品を創作/展示/販売できるようになるからだ。アーティストは既存のストリートアートの様に都市の町並みに沿ったアートを創作し、今までにない領域で創作活動を拡張することが可能となる。

ストリートにアートを飾るソリューションを開発

ストリートアートはキース・ヘリングやジャン=ミシェル・バスキアなどのアーティストによって認知され、近年では バンクシーによって政治的・社会的問題を代弁するようになり、人気が非常に高くなっている。しかしこの人気のストリートアートは壁に直接描かれるため、売買ができず、ストリートアーティストは本来のストリートでの創作活動から活動資金を稼ぐことが難しい状況だ。さらに、アメリカ政府は毎年120億から180億ドルもの税金を投入して落書きを消しており、パリではゴミの清掃人が毎日テニスコート一面分と同じ650平方メートルの落書きを消しているが、その数は減っていない。

プロジェクトの第一歩として、誰もが「IZUMO ARメタバース」でストリートにアートを飾ることができるソリューションを開発し、街の景観の美化を保ちながらストリートアートの保護と資産化に挑む。

今後について

ARの時代を見据えた「IZUMO ARメタバース」は、はじめにアートという領域でマネタイズビジネスを行い、次に領域を拡大するため、積極的に著名なNFTを支援するコミュニティや、地方創生を掲げる地域・自治体・団体とのパートナーシップを推進し、AR×web3という新しい時代の変化の中で非中央集権型のプラットフォームを作り上げることを目指す。

GIFT Community Ltdについて

GIFT Community Ltdは、「オンライン化の時代にオフラインの楽しさを」を経営理念にする海外のITスタートアップだ。コロナによって更に加速したオンライン化の中で、オフラインならではの楽しさを伝えるサービスをローンチして、地方創生やインバウンド観光を促進していく。

AR事例動画:人材不足と技術継承の問題を解決

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE