REPORT OCEANが新レポートを発表。世界のウェアラブル・コンピューティング市場は、2021年から2030年までの予測期間中、20.4%の複合年間成長率で成長すると考察

2021.10.18

  • twitter
  • facebook
  • LINE

世界のウェアラブルコンピューティング市場は、2021年から2030年までの予測期間中、年平均成長率20.4%で成長する

ウェアラブル・コンピューター・デバイスは、身体に装着することを目的とした小型のテクノロジー。これらのデバイスは、データの保存や処理など、さまざまな処理を行う。技術は時代とともに発展しており、スマートグラスの登場は、この業界の展望を大きく変えた。スマートグラスを通して、ユーザーは任意の画像をメガネに投影することで、視覚的な画像を置き換えることが可能になった。Google、Epson、Vuzixなど、さまざまな企業がスマートグラスを製造している。

また、スマートウォッチの進化で、音楽を再生したり、場所をナビゲートしたり、電話をかけたりすることができるようになった。

技術の進歩や製品の普及率の上昇などの要因が、市場の成長を促進。スマートウォッチは、ランナー、アスリート、スイマー、サイクリストの間で急速に人気を集めている。そのため、ウェアラブルコンピューティングデバイスの採用が促進されている。

さらに、ウェアラブル技術への投資が拡大していることから、著名なマーケティング担当者に有利な機会がもたらされると予想される。ウェアラブル機器市場は、技術革新、技術の進歩、ウェアラブル機器の利便性に対する需要の高まりにより、著しい成長を遂げている。一方で、技術的に高価であることや、プライバシーに関する懸念が世界市場の成長を妨げると予測されている。

コロナウイルスで受けたウェアラブル機器の影響

コロナウイルスは、世界のウェアラブルコンピューティング市場に大きな影響を与えた。感染者が急増したため、電子機器製造会社は一時的に操業を停止した。またウェアラブル・コンピューティング・デバイスは、中国から輸入した原材料で作られている。コロナウイルスの影響により、製品の輸出入が停止。さらに、原材料の価格が急激に上昇したことで、数ヶ月間活動が停滞した。このように、世界のウェアラブル・コンピューティング市場は、コロナウイルスの発生時に深刻な影響を受けた。

さらに、OEM(相手先ブランド製造)企業は製造活動を減速。また、コロナウイルスの流行時には、ウェアラブル機器やその他の電子機器の需要が大幅に減少。これらの要因は、世界のウェアラブルコンピューティング市場の成長に影響を与えた。しかし、ワクチンの導入や、特に北米や欧州におけるコロナウイルスの流行の抑制により、世界のウェアラブル・コンピューティング市場は回復の可能性が高まると考えられている。

世界のウェアラブル・コンピューティング市場では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めると予想される

世界のウェアラブル・コンピューティング市場では、アジア太平洋地域が最大のシェアを占めると予想される。この地域では、当局が経済インフラの整備に取り組んでいることから、中国経済が急速に拡大している。このような要因は、地域市場の成長に寄与し、結果的に世界市場の拡大にもつながる。

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE