大日本印刷、XR分野のスタートアップ企業、PocketRDと資本業務提携の契約を締結

2021.11.15

  • twitter
  • facebook
  • LINE

大日本印刷とPocketRDが資本業務提携の契約を締結

大日本印刷は、「高精細な表現技術」と「大量の情報処理能力」を活かして、リアルとバーチャルを行き来できる新しい体験と経済圏とを創出する「XRコミュニケーション事業」を展開している。XR技術を総合的に活用してリアルとバーチャルを融合して地域や施設の価値を拡張する「地域共創型XRまちづくりPARALLEL CITY(パラレルシティ)」をはじめ、4Kリアルタイム3DCGとVR技術によってリアルな商品を体験できるVRショールーム/VRモデルルーム、遠隔でバーチャルキャラクターを操作して人手不足や働き方改革などの解決につなげる「DNPバーチャル接客サービス」、文化財の保存・デジタル化・公開のニーズに対応する「文化財のデジタルアーカイブソリューション」などを提供している。

PocketRDは、商業施設などに設置したスキャナーやスマートフォンアプリで自分独自のアバターを完全自動で作成できる「AVATARIUM(アバタリウム)」を提供している。また、3Dコンテンツの権利をブロックチェーン技術で保護し、著作権に配慮した安全な2次創作・2次流通・販売を実現するプラットフォーム「Pocket Collection(ポケットコレクション)」も提供。

DNPは、独自の「P&I」(印刷と情報)の強みと、3Dアバターやコンテンツ管理等のPocketRDの強みを掛け合わせ、XRを活用した新しい体験価値とビジネスを創出する取り組みを強化していく。

「AVATARIUM」で3Dアバターを作成
「Pocket Collection」で保護・管理する3Dコンテンツ例

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE