KDDIほか、都市連動型のメタバースに関するコンソーシアムを設立。誰もが安心して利活用するためのガイドラインの策定を目指す

2021.11.10

  • twitter
  • facebook
  • LINE

都市連動型メタバースのガイドラインを策定する「バーチャルシティコンソーシアム」発足

KDDI、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインが、誰もが安心して都市連動型のメタバースを利活用するためのガイドラインの策定などを目的に、「バーチャルシティコンソーシアム」を2021年11月9日に発足した。

バーチャルシティコンソーシアムは、KDDIが2022年春に展開予定のプラットフォーム構想「バーチャルシティ」などでの利活用に向けて、オープンに議論、調査研究を行い、ガイドラインの策定や情報発信に取り組む。

昨今、「メタバース」と呼ばれるインターネット上に構成される仮想空間での生活やビジネスが注目されており、「バーチャルシティ」においては、実在都市と仮想空間が連動し、ともに発展していく新たなまちづくりを目指している。一方、「バーチャルシティ」の発展には、バーチャル空間と実在都市の両方の視点から、ステークホルダー間の諸権利の整理やコンプライアンス指針の策定など、課題解決のための仕組みづくりが必要になる。

4社は、テクノロジーの進化に伴い消費や移動などの行動様式が変わりつつある中で、社会のニーズに適応したまちづくりを積極的に推進するべく、関係する自治体や管轄省庁とも連携し、バーチャルシティコンソーシアムでの活動を通じて日本発メタバースの発展と実在都市のさらなる価値向上を目指していく。

バーチャルシティコンソーシアムの概要

名称:バーチャルシティコンソーシアム
設立:2021年11月9日
参画企業:KDDI株式会社、一般社団法人渋谷未来デザイン、東急株式会社、みずほリサーチ&テクノロジーズ株式会社
代表:KDDI株式会社 中馬 和彦
URL:https://shibuya5g.org/research
問い合わせ窓口:Webサイト上のフォームから

AR事例動画:IoT連携3Dワークフローほか全8社

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE