KDDI、大阪府と大阪市と共に都市連動型メタバース「バーチャル大阪」を2/28から本格展開

2022.02.25

  • twitter
  • facebook
  • LINE

2025年の大阪・関西万博に向け、バーチャル上で大阪の魅力を発信

「バーチャル大阪」は、2021年12月にプレオープンした都市連動型メタバースだ。2025年開催の大阪・関西万博に先がけ、大阪の都市の魅力を国内外に発信すると共に、“City of Emergence”(創発する都市)をテーマに、さまざまな人が集まり、一人ひとりの新たな体験や表現を通じ、大阪の新たな文化の創出・コミュニティの形成にも寄与することを目的としている。

「新市街」エリアでは、道頓堀をモチーフにした大阪ならではの空間や、大阪城や梅田スカイビルといった大阪市内の代表的なランドマークを配置する。今後は、音楽ライブやアニメとのコラボレーションイベントのほか、実際に買い物体験が可能なバーチャル商店街のオープンも予定している。

KDDIは、大阪のランドマークや観光地、テーマパークなどと共に、実在都市とバーチャル空間が連動した大阪の都市の魅力や経済圏の拡張を目指す。

詳細: https://www.virtualosaka.jp/ 

AR事例動画:グローバル事例にみるAR活用の今

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE