サイバネットシステムのAR遠隔支援ツールがエムティエスジャパンのサポートサービスに採用。リアルタイムで遠隔支援が可能に

2022.04.12

  • twitter
  • facebook
  • LINE

サイバネットシステム株式会社が販売・サポートするPTC社製ARソフトウェア「Vuforia Chalk(ビューフォリアチョーク)」が、エムティエスジャパン株式会社のサポートサービスの一つとして採用された。

Vuforia Chalk導入のきっかけはコロナ

昨今、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でリモートでの対応が拡大。しかし、電話やオンライン会議システムでは現場で発生している現象把握に時間がかかるのが問題となっていた。

こうした場面においてVuforia Chalkを導入することにより、現場の顧客やサービスエンジニアがスマートフォン等を介して、エムティエスジャパン社のシニアエンジニアからの指示をリアルタイムで受けられ、より円滑な情報伝達が可能となる。

Vuforia Chalkについて

  • AR(拡張現実)とビデオ通話による遠隔支援のソフトウェア
  • タブレットなどの画面に作業現場をARとして表示することで、熟練者が現場技術者と3Dの作業空間を共有し、指示内容を直接書き込んで提示することが可能
  • 手持ちのデバイスで直感的に使用することができ、マニュアル不要
  • 移動や出張の回数を最低限に抑えられ、費用および時間コストの削減にも貢献
遠隔作業支援の様子

さらに今後は米国本社とのコミュニケーションにも活用し、顧客の問い合わせ対応もより迅速かつ正確になることが期待されている。

Vuforia ChalkおよびAR開発プラットフォームVuforiaの詳細について:https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/vuforia/

エムティエスジャパンについて

同社は、輸送/産業/精密機器の各種試験装置を公的・学術機関や企業に供給している、シミュレーションシステムの世界的な大手サプライヤー。テクノロジーとエンジニアリングの専門知識を活かして最高品質で最も革新的なソリューションを提供している。
ホームページ:https://www.mts.com/jp

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE