損害保険ジャパンとANA NEOが提携。Web3.0型の世界およびメタバース市場の事業展開を見据えた保険会社への変革に着手

2022.05.16

  • twitter
  • facebook
  • LINE

損害保険ジャパン株式会社とANA NEO株式会社が提携を発表した。

ANA NEOが新たに開発中のメタバース上のサービス「SKY WHALE(仮)」と、損保ジャパンの先進的な保険商品開発やリスクマネジメントのノウハウを活用し、メタバースにおける新たな保険商品開発やサービスに関する可能性を実証するためだ。

ANA NEOのSKY WHALE(仮)とは

  • 世界152か国以上に展開し、ANAマイレージ会員約3,400万人、国際線・国内線搭乗者5,442万人を会員と見据えた、国内最大規模のメタバース基盤

概要

  • ANA NEOのSKY WHALE(仮)に損保ジャパンが参画し、保険・リスクマネジメントを中心とした様々なケースに関する検証を実施
  • 今までの保険のあり方やデジタルアセットの活用も考慮し、契約や加入プロセス、商品設計や契約保全に至るまで深く検討を行い、Web2.0型からWeb3.0型志向の保険会社への変革を目指す

このような大規模な基盤を活用して保険会社が実証実験を行うケースは、世界初の取り組みとなる。

メタバースにおける主な検証項目

  1. 保険商品開発に関する市場性・事業性の検証
  2. 各種取引等に関するリスク実態の検証
  3. 保険や関連事業の適合性検証
  4. 各種データ分析、有用性等の検証
  5. 保険、リスクマネジメント分野以外での事業連携、ビジネス共創の検討等

上記に加え、デジタルアイテムとデジタルコンテンツに関する商取引、メタバースでのUX(ユーザーエクスペリエンス)に関してカバーする保険、Web3.0型のビジネスモデル(ウォレットやNFT取引、越境)の関連領域についても検証を行う。

今後の展望

損保ジャパンとANA NEOは、本実証実験の結果を踏まえ、ユーザーへのメタバースにおける新たな体験価値の提供を通じた、安心・安全・健康な新たなライフスタイルを提供していきたい考えだ。

そして、本提携を通じて両社の関係性をさらに強化していき、今後も高い成長性が見込まれるWeb3.0型の世界および、メタバース市場の事業展開と他企業とのアライアンスによるビジネスの共創を加速していきたいと説明する。

Motto AR メールマガジン登録

最新情報やおすすめ記事などを、メールマガジンでお届けします。
ぜひご登録ください!

登録はこちら

  • twitter
  • facebook
  • LINE